スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
大は小を兼ねる?
リスニングのPart2の攻略について、最近気が付いたことがあります。

攻略と言えるレベルでないヒヨッ子のひとり言です。

6 月の490点の肝になったトレーニングの中心は極めてシンプルな訓練でした。

1.1倍速でETS公式実践のPart3&4の10セット分の200トークを一つ一つ『意味と音が一致する』まで丁寧に聞いた事。

とは言え、やはりかなりの根気が要りそうですが…

実は、最初のテスト1,2まで位が辛抱の時期でした。

そこを超えると、聞き取りがグッと楽になるので、間違いなく…

その後は『加速』します

それを6月以降は、1.25倍で『音と意味の一致』の状態を維持できるよう日々の訓練をしています。


そんな中に気が付いたのです。

Part2の聞き取りもぐっと楽になりました。

特に、私の苦手だったPart2の長めの問題分。

例の or  絡みの問題です。

長くて最後まで聞いた時には、何の事かサッパリ判らなくなることが常だった問題が…

いままでより、ずっと楽に聞けるのです。

大は小を兼ねる?

かどうかは私はシロウトなので知りません。

でも、Part3&4を日頃から丁寧に聞き取ることで、Part2の長めの英文に耐性が出来ることは学べました。

この逆はなかなか望めないと思います。

最近の私の一つの大きな『気づき』。


ゆうゆえもん
スポンサーサイト
[2014/07/17 22:15] | リスニング満点奪取! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<正面突破 | ホーム | 進化? 変化?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuuyuemon.blog.fc2.com/tb.php/270-18334d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。