スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
別格の存在
先日の公開試験の最中に感じたPart7の力不足感。

一時の削げ落ちたPart7筋力よりはいくらかましになったとは言え、まだまだ満点を目指す身としては力は脆弱。

現在の取り組み方に間違いのない確信はあるので、教材の質を変える事無く、量を増やす必要があるようです。


3月の公開模試に向けて私がPart7でやったことはシンプルそのもの。

gggg.jpg

左の公式実践の10セットのPart7を繰り返し読んだこと。

今はプラス右の公式実践2の新たな5セットのPart7の解読作業の日常化を目指しています。


公式実践15セットの日常化のその先の取り組みも実は決めています。

DSC_0330.jpg

大好きな高難易度のハッカーズ2のPart7の10セットの解読作業。

これは950点超えの世界に足を踏み入れた後のお楽しみ。

私が韓国模試をやって良かったと思うのは、2つの模試に出会えた事。

1つ目は公式実践。2つ目はハッカーズ。

いまでもこの2つの韓国模試は私の中では別格の存在。


とは言え、次回の5月に向けては公式実践1&2の15セットのPart7の日常化が最優先課題。

今だかつて10分を余らせ、見直しに充てた経験など私は一度もありません。

5月は10分とは言いません。

まずは5分を余らせ、見直しの時間に充てる自分を目指します。


塗り絵をずっとしていた時は、塗り絵卒業など何時までたっても無理だろう…と内心思っていました。

それが一度塗り絵を卒業すると、それが普通となるのですから不思議なものです。

時間を余らせ見直しに充てるのも同じはず。

まずは5分を時間を余らせる自分を妄想し続けることからスタートしてみます。

解決策は自然と頭に浮かびますから、一つ一つ行動してみるだけです。

そして、自分に合うものだけを選び、続ける。

とても簡単です。


ゆうゆえもん
スポンサーサイト
[2015/03/22 23:19] | 韓国模試 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<再加熱の時 | ホーム | 棄権を覚悟の朝>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuuyuemon.blog.fc2.com/tb.php/346-e48c7dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。